ホームへ 葛木御歳神社公式ホームページ





御歳神社の奥山とその周辺を美しい森に再生する作業に参加しませんか?


〔設立趣意書〕


山が荒れている。そう感じている人は多いことでしょう。

昔、里山と人とは近しい関係でした。稲作の始まりには、「さなぶり」と言って山の神をお迎えに里山に登りました。山の神は、田の神となって、農耕を守って下さいました。70歳代以上の方は、御歳神社の奥に広がる奥山へ、「さなぶり」に参った記憶をお持ちの方もあります。

昔の山越えの道は、尾根筋の道でした。分水嶺でもある山の頂上には、水をもたらす神様を祭っていました。山を越える人々は、その神様の祠に幣帛の布を供えながら山を越えて行ったといいます。

神様事だけではなく、薪にする柴を取りに里山へ行くのは子どもの仕事でした。田畑の肥料は、山の落ち葉の腐葉土をもらい受けました。


人々の暮らしの身近にあった里山が、今、使われなくなり、荒れています。
農耕の神様を祭る葛木御歳神社の奥山も例外ではありません。
科学が進んだとはいえ、山を荒れたままにして置くのは、色々な弊害をもたらします。植林された木々は枝うちも間伐もしなくなったまま暗い森となり、下草は十分に育たず、肥沃な土壌だった山は、痩せて水害をもたらすものになってしまっています。


山を整えたい。

その思いを形にするべく、ここに「おとしだまの森倶楽部」を設立いたします。「おとしだまの森」の名称は、葛木御歳神社が年神さまとして、お年玉に関係の深い神様であることから名付けました。まずは、御歳神社奥に広がる奥山の尾根筋の整備から始めたいと思います。朽ちた木々を間伐整理して、土壌に適度な光が入り、保水力を持つ健全な森に育てることを目的とします。鎮守の森にふさわしい景観の回復を図ります。また、竹林を整え、昔の山道の整備をして、磐座までの登拝路を整えたいと思います。

古代から歴史の重要な拠点であったここ葛城から、鎮守の森のこれからのあるべき姿を皆様とともに考え、実現、発信していくため、皆様の参画をお待ちしています。




おとしだまの森倶楽部について



規約のページへ


設立趣意書、規約等をお読みの上、メール等でお申し込み頂ければ幸いです。
趣旨に賛同しますという参加もありがたいです。
皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログの「御歳神社の奥山」「おとしだまの森整備情報」もお読みください。

E-mail mail@mitoshinomori.com
0745-66-1708
奈良県御所市東持田269番地 葛木御歳神社まで



おとしだまの森倶楽部では、奥山整備への寄付を募っています。
郵便振替口座 00980-2-152662 名義 葛木御歳神社
通信欄に「おとしだまの森倶楽部カンパ」としてお振込みください。
少額で結構です^^
燃料費や保険代、道具大、お茶代などに使わせて頂きます。




Copyright (c) 2004-2017 Mitoshijinja, All Rights Reserved